LoadingLoading

Pentakill

Grasp of the UndyingGrasp of the Undying

Featured

Video

Grasp of the Undying

Album

Grasp of the Undying

Lyrics

  • Track 01

    The Cull

    Cut down, one by one
    No sound remains
    Don’t fear if death finds you, this day

    Are you with me
    Let us savor the pain
    Do you hear the distant sound
    Calling your name

    In time, all of us are forgotten
    The ones that don’t belong to the pages of history

    But as my forefathers, I take to the open seas
    And as long before, I follow and don’t ask more
    Passed down, long before, the stories of old

    This time, I will not be forgotten
    I won’t be towed along with the feeble and the enemy

    But as my forefathers, I take to the open seas
    And as long before, I follow and don’t ask more
    Passed down, long before, the stories of old
    And won’t be called upon

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    一人ずつ、斬られていった
    残ったのは静寂のみ
    今日死を迎えても、恐れるな

    俺とともに来る気はあるか
    苦痛をゆっくり味わおう
    彼方の音が聞こえるか
    お前の名を呼ぶ声が

    やがて、誰もが忘れ去られる
    歴史のページに名を残せなかったのなら

    だが祖先のように、俺は海に出る
    かつてと同じように、何も聞かずに、俺は従おう
    永く伝えられてきた、古い物語

    今度は、俺は忘れられはしない
    弱者や敵とともに引きずられはしない

    だが祖先のように、俺は海に出る
    かつてと同じように、何も聞かずに、俺は従おう
    永く伝えられてきた、古い物語
    もう語られることはない
  • Track 02

    Mortal Reminder

    Blinded by hate brought by the fall
    As I swear death to all
    You will feel my vengeance
    As I claim your mortal soul

    I will punish and destroy
    Those responsible for this ploy
    I will seek a thousand deaths
    I will bring a thousand years of war

    All that I had taken away
    My home is gone, and my loved ones slain
    For every sleep claims a piece of me
    Every waking moment, every single dream

    As the masses came
    Like a shadow through this land
    They laid siege to all we ever had
    I stood strong, I was honor bound
    I stand defiant, I stand ever proud
    I am the chosen
    I am the guardian, the guardian

    Now I seek the blood of those
    Who claimed the innocent
    I will hunt the enemy to the last
    I will banish and rejoice
    The final breath of foes
    You will see what you have made
    You will see what I have finally become

    All that I had laid to the waste
    My spirit broken and just memories remain
    For every day claims a piece of me
    Every waking hour claims my inner peace
    My inner peace

    As the masses came
    Like a shadow through this land
    They laid siege to all we ever had
    I stood strong, I was honor bound
    I stand defiant, I stand ever proud
    I am the chosen
    I am the guardian, the guardian

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    破滅の憎しみで濁った目
    俺は死を全てに誓った
    俺の復讐に怯えるがいい
    必ず貴様の魂を奪ってやる

    忌まわしき策略家に
    罰と破滅を
    俺が求めるのは千人の魂
    俺がもたらすのは千年の戦い

    故郷も 愛する人達も
    俺の全てが奪われた
    眠るたびに俺が欠けていく
    目覚める時に 夢見る時に

    大軍はやってきた
    地を這う影のように
    俺たちの全てに襲いかかる
    力強く 名誉のために立ち向かう
    屈せず 誇りのために立ち続ける
    俺は選ばれし者
    守護者 俺は守護者だ

    奴らの血を流せ
    奪われた無辜の魂を償わせろ
    誰一人逃がさない
    奴らの断末魔の叫びは
    追放と祝福の調べ
    貴様らが生み出したものが見えるか
    貴様らが生み出した これが俺の成れの果て

    全てが終わった後には
    壊れた魂と 残された記憶
    一日ごとに俺が欠けていく
    意識と共に魂が熔けていく
    魂の平穏が

    大軍はやってきた
    地を這う影のように
    俺たちの全てに襲いかかる
    力強く 名誉のために立ち向かう
    屈せず 誇りのために立ち続ける
    俺は選ばれし者
    守護者 俺は守護者だ
  • Track 03

    Tear of the Goddess

    The unknown terror
    That stood alone
    Passed from the days of the early suns
    Through worlds of lost belief
    Laid waste and buried deep

    Summoned to be set up to fall
    But there’s no fear
    That lives inside this soul

    Inside this world
    There is no way back to forgiving us
    Undone, deliverer
    The sinful and the saviors of the innocent

    And so
    Keepers of old
    Keep us from cold
    Let us fight once more
    Till our honor is restored

    The unknown terror
    That lives below
    Breathes the flames from the dying suns
    And lives to wake the dying ones
    The dying ones

    The dying ones
    (The dying ones)
    (The dying ones)

    Inside this world
    There is no way back to forgiving us
    Undone, deliverer
    The sinful and the saviors of the innocent

    And so
    Keepers of old
    Keep us from cold
    Let us fight once more
    Till our honor is restored

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ただ存在する
    未知の恐怖
    太古から受け継がれ
    信仰を無くした世界で
    地の底深く棄てられた

    例え蘇ったとしても
    この魂に
    恐怖が宿ることはない

    この世界で
    我々が赦されることなどない
    破滅よ 救世主よ
    罪人よ 無垢の民の救済者よ

    だから
    旧き者どもよ
    我々を寒さから守り
    もう一度戦わせたまえ
    汚名を雪ぐその刻まで

    地の底に潜む
    未知の恐怖
    吐き出すは死にゆく太陽の炎
    目覚めさせるは死にゆく者
    死にゆく者

    死にゆく者
    (死にゆく者)
    (死にゆく者)

    この世界で
    我々が赦されることなどない
    破滅よ 救世主よ
    罪人よ 無垢の民の救済者よ

    だから
    旧き者どもよ
    我々を寒さから守り
    もう一度戦わせたまえ
    汚名を雪ぐその刻まで
  • Track 04

    Infinity Edge

    Beyond the lands of dreams
    I hear the call of riches
    Word of waters blessed unnatural
    Granting power of gods to men

    Under the distant sun is my calling
    I walk the lands
    That death cannot conquer
    And through the unforgiving worlds
    The battle lays in wait
    Seeking the way
    That leads me to the power of the edge
    The edge

    I'm living and dying a thousand lives
    And it’s taken its toll on me this time
    The edge cares not so why should I
    Because I breathe the air of immortals
    And I'll be the true invincible
    The edge is my destiny

    So far from home I'm reeling
    I've seen the fall of friends
    The end of the road approaching
    I will have my victory

    I will not cease to be
    You will not ever stop me
    I won't give up the dream
    You cannot ever stop me

    Seeking the way
    That leads me to the power of the edge

    I'm living and dying a thousand lives
    And it’s taken its toll on me this time
    The edge cares not so why should I
    Because I breathe the air of immortals
    And I'll be the true invincible
    The edge is my destiny

    I'm living and dying a thousand lives
    And it’s taken its toll on me this time
    The edge cares not so why should I
    Because I breathe the air of immortals
    And I'll be the true invincible
    The edge is my destiny

    My destiny
    My destiny
    My destiny
    My destiny

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    夢に見た地の向こう
    富が俺を呼ぶ声がする
    人ならざる力に祝福された水は
    神の力を男たちに授けるという

    遠き地の太陽の下に我が天命はあり
    俺は行く
    死が征服できない大地を
    無慈悲な世界を抜けた先では
    戦いが待っている
    俺は道を探す
    エッジへと辿り着くために
    エッジへと

    俺は千の命を生きて死んだ
    その重荷が俺にのしかかる
    だがエッジが気にしないなら、俺が気にする必要がどこにある?
    俺は不死者の空気を吸い
    真に無敵の存在になる
    エッジこそ俺の運命

    故郷の遠さに目眩がする
    斃れた友も見取った
    道の終わりが近づいている
    俺は必ず勝利を手にする

    俺は決して消えはしない
    お前に俺は止められない
    俺は夢をあきらめない
    お前は俺を止められない

    俺は道を探す
    エッジへと辿り着くために

    俺は千の命を生きて死んだ
    その重荷が俺にのしかかる
    だがエッジが気にしないなら、俺が気にする必要がどこにある?
    俺は不死者の空気を吸い
    真に無敵の存在になる
    エッジこそ俺の運命

    俺は千の命を生きて死んだ
    その重荷が俺にのしかかる
    だがエッジが気にしないなら、俺が気にする必要がどこにある?
    俺は不死者の空気を吸い
    真に無敵の存在になる
    エッジこそ俺の運命

    俺の運命
    俺の運命
    俺の運命
    俺の運命
  • Track 05

    Dead Man’s Plate

    Is there reason, in this life
    We call our own
    So many misguided visions
    And trusting deceit
    And in our shallow pursuit of truth
    We lost ourselves

    May the storms gather
    May the cinders roam
    Those that will die will still remember

    You drank deep and you paid the price
    (What did you think you would find)
    Answer the dark whisper
    And you will tear this world apart
    Our world apart

    When the walls came down
    We we’re left abandoned here
    There's no soul inside us
    We're just all flesh and bone
    To wander the dead lands forever

    Will we ever get the chance

    Will we ever get the chance
    To show them
    So many forgotten and we live on
    In the city that once was timeless

    You drank deep and you paid the price
    (What did you think you would find)
    Answer the dark whisper
    And you will tear this world apart
    Our world apart

    You will tear this world apart

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    この人生に、理由はあるのか
    自分のものと呼べる理由が
    多くの誤ったビジョンと
    偽りへの信頼
    浅はかな真実の探求で
    俺たちは自身を見失った

    さあ、嵐よ来い
    さあ、火の粉よ舞え
    死にゆく者は忘れない

    酒に溺れたお前は代償を支払った
    (それ以外に何があると思った?)
    闇の囁きに答えれば
    お前はこの世界を引き裂くだろう
    俺たちの世界を引き裂くだろう

    壁が崩れ落ちた時
    俺たちはここに取り残された
    俺たちの内に魂はなく
    肉と骨だけの体で
    死の土地を永遠に彷徨う

    俺たちにチャンスは来るのか

    俺たちにチャンスは来るのか
    奴らに示せる時が
    多くのものが忘れ去られても俺たちは生き続ける
    かつては時が流れなかった都市で

    酒に溺れたお前は代償を支払った
    (それ以外に何があると思った?)
    闇の囁きに答えれば
    お前はこの世界を引き裂くだろう
    俺たちの世界を引き裂くだろう

    お前はこの世界を引き裂くだろう
  • Track 06

    The Hex Core mk‑2

    Is that all you’ve got to say
    Cause this is not another game
    Not one that you wanna play
    Step, by step, by step
    Death march to your grave

    Is that all you’ve got to say
    Cause this is not another game
    Not one that you wanna play
    Step, by step, by step
    Death march to your grave

    There’s no one left you can blame
    A lonely war dance of pain
    Step, by step, by step
    Death march to your grave

    Is that all you’ve got to say
    Is that all you’ve got to say

    Step, by step, by step
    Death march to your grave

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    言いたいことはそれだけか
    これはゲームなんかじゃない
    お前が遊びたいゲームじゃない
    一歩、一歩、また一歩
    死がお前の墓へと行進する

    言いたいことはそれだけか
    これはゲームなんかじゃない
    お前が遊びたいゲームじゃない
    一歩、一歩、また一歩
    死がお前の墓へと行進する

    誰かのせいにはもうできない
    独りで踊る、苦痛に満ちた戦の舞
    一歩、一歩、また一歩
    死がお前の墓へと行進する

    言いたいことはそれだけか
    言いたいことはそれだけか

    一歩、一歩、また一歩
    死がお前の墓へと行進する
  • Track 07

    The Bloodthirster

    Cast down the weak
    Those who deceived us
    Those who would let us burn
    Liars and cheats
    Brittle and weak
    Another day will come

    Crawling on your knees right to the end
    I let you pretend you had your last days
    Calling for me to disappear
    I cannot be so easily sent forth

    As you descended on them
    You carry their memories of endless pain
    As remnants to their end
    One after one
    You sever them, sever them
    Sever

    Sever, sever your demons deep within
    A shadow that’s been long instilled

    Cast down the weak
    Those who deceived us
    Those who would let us burn
    Liars and cheats
    Brittle and weak
    Another day will come

    Torment so easily dispensed
    You tried to break our will but you failed
    Calling the serpentine flame
    Until we were just dust and remains

    As you descended on them
    You carry their memories of endless pain
    As remnants to their end
    One after one
    You sever them, sever them
    Sever

    Cast down the weak
    Those who deceived us
    Those who would let us burn
    Liars and cheats
    Brittle and weak
    Another day will come

    Cast down the weak
    Those who would flee us
    Those who would let us burn
    Liars and cheats
    Feeble and weak
    I see them
    Another day will
    Another day will
    Another day will come

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    俺たちを欺いた
    弱者をくじけ
    俺たちを灼こうとする
    嘘吐き 詐欺師
    弱く 脆い者ども
    新たな日が来る

    お前は最後の瞬間まで這いつくばり
    もう終わらせてくれと願う
    俺に消えてくれと
    だがそうはいかない

    お前が奴らを襲う時
    背負うのは終わりなき苦痛の記憶
    果てしなく続く
    苦痛の残滓
    切り裂け 切り裂け
    切り裂け

    心の奥に潜む悪魔を切り裂け
    切り裂け 内に潜んでいた影を

    俺たちを欺いた
    弱者をくじけ
    俺たちを灼こうとする
    嘘吐き 詐欺師
    弱く 脆い者ども
    新たな日が来る

    その程度の苦痛で
    俺たちの心は砕けない
    大蛇の炎を呼び起こせ
    俺たちが塵と屍になるまで

    お前が奴らを襲う時
    背負うのは終わりなき苦痛の記憶
    果てしなく続く
    苦痛の残滓
    切り裂け 切り裂け
    切り裂け

    俺たちを欺いた
    弱者をくじけ
    俺たちを灼こうとする
    嘘吐き 詐欺師
    弱く 脆い者ども
    新たな日が来る

    俺たちを消そうとする
    弱者をくじけ
    俺たちを灼こうとする
    嘘吐き 詐欺師
    弱く 愚かな者ども
    俺には見える
    新たな日が
    新たな日が
    新たな日が来るのが
  • Track 08

    Frozen Heart

    Up here on the roof of the world
    Up here on the roof of the world

    Long have we sought to ascend this place
    A life of servitude to omens
    The elders have promised us long before
    With evil banished to the wastelands
    Hands of the chosen will extend to us

    Upon the roof of this world
    Distant voices calling for the final fight
    We will answer with victory

    Long have we fought for these lands
    In the shadows and the stories of the promised light
    Now to take our place beyond

    Up here on the roof of the world
    Up here on the roof of the world
    Where we are sworn to guard no more
    Up here on the roof of the world

    Long have we fought to protect this place
    These haunted dreams never ending
    Clinching to the promises of life reborn

    Upon the roof of this world
    Distant voices calling for the final fight
    We will answer with victory

    Long have we fought for these lands
    In the shadows and the stories of the promised light
    Now to take our place beyond

    Here on the roof of the world
    In the cradle of the storms
    Where vengeful winds cut to the bone
    And there's no turning back

    (Here on the roof of the world)
    (Here on the roof of the world)
    (Here on the roof of the world)

    Up here on the roof of the world
    Up here on the roof of the world
    Where we are sworn to guard no more
    Up here on the roof of the world

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    この世界の屋根の上で
    この世界の屋根の上で

    ここに登る日を、長きにわたって願い続けた
    予兆に隷従する人生
    遥か昔に長老たちが予言した
    悪魔が荒地に消えた今
    選ばれた者の手が差し伸べられる

    この世界の屋根の上で
    最後の戦いを呼びかける遠い声
    我々は勝利で答えよう

    この地をかけて、長きにわたって戦い続けた
    約束された光、その物語と影の中で
    そして今、その先へ進む時が来た

    この世界の屋根の上で
    この世界の屋根の上で
    守護の誓いは最早過去のもの
    この世界の屋根の上で

    この地を守るため、長きにわたって戦い続けた
    呪われた夢は決して醒めない
    再誕の約束にしがみついたまま

    この世界の屋根の上で
    最後の戦いを呼びかける遠い声
    我々は勝利で答えよう

    この地をかけて、長きにわたって戦い続けた
    約束された光、その物語と影の中で
    そして今、その先へ進む時が来た

    この世界の屋根の上で
    嵐のゆりかごの中で
    復讐の風が骨まで沁みる場所で
    もう後戻りはできない

    (この世界の屋根の上で)
    (この世界の屋根の上で)
    (この世界の屋根の上で)

    この世界の屋根の上で
    この世界の屋根の上で
    守護の誓いは最早過去のもの
    この世界の屋根の上で
  • Track 09

    Rapid Firecannon

    A forgotten place inside the lonely tower
    Tear it down with a metal roar
    The war eternal, I assail the unassailable
    A second release unhaunted by my past

    Beneath the marshlands
    Calling forth the night
    Buried deep a weapon forged in fire
    Fathers and sons their kin laid to waste
    (An evil is renewed)

    Light up
    The night with flames and cinder
    For I am renewed
    (Down in flames)
    (Feel the kick and watch them burn)

    Light up
    Caught in the crossfire Overwhelming firepower
    (Now return to hell)
    (In a firestorm)

    Out with the old
    In with the new world order
    Die or obey the choice is yours
    Undetected, into the spider’s web
    Taking it apart slowly piece by piece

    Find a shadow to hide me, and I wait
    Tricksters and spellweavers beware
    With this flame I culled the weak
    Made my nation strong again
    Well now they're all dead and gone
    Dead and gone

    With this blade
    I call the weak
    Make my nation strong again

    Beneath the marshlands
    Calling forth the night
    Buried deep a weapon forged in fire
    Fathers and sons, their kin laid to waste
    (An evil is renewed)

    Light up
    The night with flames and cinder
    For I am renewed
    (Down in flames)
    (Feel the kick and watch them burn)

    Light up
    Caught in the crossfire
    Overwhelming firepower
    (Now return to hell)
    (In a firestorm)

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    人気のない塔 忘れられた場所
    金属の咆哮を響かせて打ち壊せ
    永遠の戦いの中、我は難攻不落の敵を脅かす
    過去に囚われぬ、二度目の解放

    沼地の底で
    夜を呼ぶは
    深く埋められた、炎に鍛えられし武器
    父も子も一族も殺された
    (そして邪悪が甦る)

    照らせ
    夜を炎と燃え殻で
    我は今甦った
    (燃え落ちる)
    (手ごたえを感じ取り、奴らが燃えるのを見届けろ)

    照らせ
    十字砲火に晒される 圧倒的な火力
    (さあ、地獄に還れ)
    (炎の嵐に包まれて)

    古きは捨て去れ
    新たな世界秩序が訪れる
    死ぬか従うかは、お前次第
    気付かれずに、蜘蛛の巣の中へ
    少しずつ、ゆっくりバラせ

    隠れられる影を見つけて、我は待つ
    奇術師、魔術師は用心しろ
    この炎で、我は弱き者を間引き
    国の力を取り戻した
    だが今では皆死んでいなくなった
    死んでいなくなった

    この刃で
    我は弱き者に呼びかける
    我が国の力を取り戻せと

    沼地の底で
    夜を呼ぶは
    深く埋められた、炎に鍛えられし武器
    父も子と一族も殺された
    (そして邪悪が甦る)

    照らせ
    夜を炎と燃え殻で
    我は今甦った
    (燃え落ちる)
    (手ごたえを感じ取り、奴らが燃えるのを見届けろ)

    照らせ
    十字砲火に晒される
    圧倒的な火力
    (さあ、地獄に還れ)
    (炎の嵐に包まれて)
  • Track 10

    Blade of the Ruined King

    インストゥルメンタル
  • Production Notes

    Alex "Scherzo" Temple

    Production on “Blade of the Ruined King” and Orchestration on “Mortal Reminder”

    Bob "robesman" DeBelina

    Production Coordinator

    Christian "Praeco" Linke

    Executive Producer, Engineer

    Danny Lohner aka Renholdër

    Production, Mixing, and Vocals on "The Hex Core mk-2"

    Dzijan Emin

    Orchestration on “Blade of the Ruined King”

    Eugene "kyugene" Kang

    Bass Guitars

    Jason "chupacobbler" Willey aka ProtoShredanoid

    Lead Guitars

    Joe "Keytar Dragon" Atlan

    Keyboards, Piano

    Jørn Lande

    Vocals on "Cull," "Mortal Reminder," "The Bloodthirster," "Dead Man’s Plate," and "Frozen Heart"

    F.A.M.E.'S. Macedonian Symphonic Orchestra & Choir

    Orchestra and Choir on "Blade of the Ruined King" and strings on "Mortal Reminder"

    Mike “PitmanDrums” Pitman

    Producer, Drums, Rhythm Guitars, Lead Guitars, Acoustic Guitars, and Synths

    Noora Louhimo

    Vocals on "Tear of the Goddess" and "Frozen Heart"

    Per Johansson

    Vocals on "Infinity Edge" and "Rapid Firecannon"

    Richard “RickyTee” Thomson

    Drums, Rhythm Guitars, Acoustic Guitars, Lead Guitars & Synths

    Scott Kirkland

    Production and Mixing on "The Hex Core mk-2", Synths on “The Bloodthirster”

    Smiley Sean

    Drum Recording & Engineering

    Tommy Lee

    Drums on "The Hex Core mk-2"

    Viranda "Viranimal" Tantula

    Creative Director, Producer

    All Music & Lyrics written by Pentakill.
    Engineered and Produced by Riot Games in Los Angeles, CA and London, UK.
    Mixed and Mastered by Jacob Hansen.

The Band

蒔いた種を刈る時が来た

StoryStory

フレヨルドの遥か北方の空が暗くなり始める頃、戦士たちは炉火の燃えさしの周りに集まり、氷上の恐ろしい夜に拘束を解かれて猛り狂う殺し屋集団の話を語る。その物語は常に畏怖の篭った囁き声で静かに語られる。そんなものは伝説でもなんでもない、子供を怖がらせるための作り話に過ぎないという者もいれば、それを口にするだけであの世でツアーを続ける、かのメタル戦士たちを呼び戻してしまうと考える者もいる。この恐怖の夜のことを知る生存者はいないが、時に恐れ知らずな語り手が現れて、斧を手にして人々の命を奪う凶暴なギタリストの物語を伝える。血の繋がった兄弟ですらその怒りを鎮めることはできなかった、と語り手は囁く。殺戮は止まらなかった——かのメタル巨人の上に山が崩れ落ちるまで。

そして、それが "Pentakill" の最後のパフォーマンスだった。

天国の南天国の南

ケイルがルーンテラにきた来歴を辿ると、彼女は空を切り裂く炎の彗星から生来したと言われたり、光り輝く蛇竜の背に乗ってやってきたなどとされ、その言い伝えは様々だ。しかしどちらの話も、ケイルが定命の者たちの世界に到来した所以を伝える伝説の、ほんの一頁に過ぎない。尖鋭な意匠の鎧に身を包んで輝く黄金の戦女神は、戦いに明け暮れる世界の住人であり、信心を捨てた己が妹の率いる魔の軍勢との対決に備えるために、仲間を探していた。だが“ハガネ”の如き戦士は、地球上にはついぞ見出されなかった。そこで、ケイルはルーンテラへと渡ってきたのだ——共に戦うメタルの戦士を求めて。

ケイルの御言葉はあまりにも高邁であり、荘厳なシンフォニックメタルオペラという形式を通してしか人々と意思を通わせる方図を持たなかった。彼女はメタルオペラで自己の窮状を訴えた。奈落よりも深い悲哀を秘めたこのオペラのアリアは、聴く者すべての胸を貫き、圧倒的な憂鬱に飲まれた聴衆は、彼女がパフォーマンスを終えて見ると息絶えていることがしばしばであった。しかし彼女の曲は通常、一曲だけでも数時間に及ぶ。聴衆には、死出の旅に備えて身辺整理を行うだけの時間はあった。彼女の歌詞には胸を引き裂くような感情が謳われているが、聴衆の中に真にその悲哀の深さを理解できるものはおらず、彼女という存在にまつわる悲歌が耳に届くやいなや、一人残らず絶命するのであった。

唯一、カーサスを除いては。

死骸の下で死骸の下で

彼らの最後のライブパフォーマンスの最期はさらに悲惨だった。モルデカイザーはフレヨルド人の観衆を皆殺しにした。そしてカーサスが“世界を切り裂くリズム”を叩けとオラフに命じたことが致命的な結果を招くことになった。大地は切り裂かれ、氷の王国でもっとも高い山がモルデカイザーの上に崩れ落ちた。山の岩塊が流れ下る中、バンドメンバーたちはフレヨルドの戦女王たちの怒りと、その後に続くであろう血で血を洗う争いを避けるために、ルーンテラの遥か彼方へと散り散りに逃げていった。

カーサスはビルジウォーターに落ち着いて、頭巾を目深に被り葬送歌を歌っては食い扶持を稼いでいた。しかしその歌を聞いたビルジウォーターの人々は、これほどまでに酷い歌を聞かせる苦しみを家族に味わわせまいとして健康に気を遣うようになり、意外な健康増進効果を生んで人々の寿命は延びてしまった。これに困ったカーサスは、代わりにむさ苦しい場末の酒場をツアーして回り、殺された海賊たちの通夜の酒盛りで歌った——気味の悪い葬送歌も、海賊の歌として歌われる分には大分良かったのだ。ケイルが光輝く出で立ちでビルジウォーターに現れたのは、そんな彼が徐々に狂気と忘却の淵へと落ちていきつつある時だった。

彼女はモルデカイザーの絶望的な詩に奈落よりも深い苦悩を感じ、彼こそが己の悲しみを理解してくれる唯一の存在だと考えた。こうして二人はかち合って、酒を酌み交わし、放蕩三昧の一夜が繰り広げられる。ゴシック詩あり、オペラ歌唱あり、哀歌の掛け合いが始まる中、二人の辛気臭いデュエットを聞かされるくらいなら死んだ方がまだしもと、スロータードックの街中の誰もが怪物うごめく海に身を投じた。騒動のあと、カーサスとケイルは「ボーカリストの誓い」を取り交わし、以前よりも力を得て帰っていった。結局のところ、悲哀は一人で抱えずに誰かと共有すべきものなのだ。

これは最後の復活ツアーになる。

生者の間で生者の間で

フードを被って背中を丸めたヨリックは、フレヨルドの血塗られた惨事のあとに南へと向かい、歩き続けて陽光が照りつけるシュリーマの廃墟にたどり着いた。母親ですら愛せなかったであろう己のおぞましい形相に人々が恐れをなすことを杞憂して、陽光を避けてきた彼にとって、それは新たな体験だった。彼は大昔の皇帝の墓の発掘作業を手伝うことになり、長い時間を地下の闇の中で過ごせるようになった——同僚の墓堀りたちも、これには一目置いていた。

ヨリックの唯一無二のベースギターはシュリーマの柔らかい岩を砕くのにはうってつけだったが、砂を液状化させてしまう副作用があり、遠くの古墳で発掘作業にあたっていた労働者たちが生き埋めになることも珍しくなかった。もっとも、そういった不運な連中の多くにとって死は、文字通り岩に穴が開くほど退屈なこの男にこれ以上付き合い続けるよりも、はるかに救いがあったといえた。シュリーマ中の発掘現場から出入り禁止を食らったヨリックは、遥か昔に亡くなった王子の亡骸と何ヶ月も地下深くで過ごしたあと、自分も砂の中に埋まってしまおうと考えた。

彼は岩盤を深く掘り進んで自分のために巨大な霊廟を作り上げ、そこで光の差さない墓の中に自らを埋葬し、壮麗な孤独の中で悠久の時を過ごそうと考えた。こうして砂漠の下で眠りについたヨリックだったが、カーサスとケイルが彼の墓をこじ開けた。二人の歌い手は、すでに悠久の時が過ぎて、彼の死を望んでいた者たちはすべて死んだと思い込んでいるヨリックにあえて異を唱えることはしなかった。

彼らは言った。「定命の者たちの世界が再び "Pentakill" を受け入れる時がきた」と。

そこにロックが生まれたそこにロックが生まれた

モルデカイザーがフレヨルドの山の下に埋められた時、ソナはインスピレーションを得た。バンドの他のメンバーは絶望の中でルーンテラの僻地へと散り散りになったが、彼女は空に舞い上がるようなシンフォニックロックオペラを制作したいという欲望に取り憑かれた。彼女は世界中(並行世界も含む)の名のある寺院をくまなくツアーして回ったが、宇宙に響き渡る彼女のサウンドに耐えられるだけの頑丈な会場はどこにも存在しなかった。フレヨルドの巨大な氷河の寺院が彼女を拒絶した時、ソナは己の哀れな運命を知らぬ「蛇の饗宴」号のクルーと共に、ビルジウォーターの東に位置する未開の海の火山諸島へと向かった。

クルーたちは素早く準備を始め、ソナはキーボードを設置すると暴力的な音で島々を創り始めた。彼女が天地創造の音楽を奏でると、水中から火山島が姿を現し、雨のように降る溶岩は巨大なオルガンのパイプとなり、その演奏はさらに荘厳さを増した。パワフルすぎるサウンドは並行世界にまで到達し、数多の大陸を海に沈めてしまった(実際、予定していたアトランティス公演は中止せざるを得なくなった)。ソナは巨大な火山に囲まれ、惑星の核から引きずり出した地獄の炎で空を焼いた。しかし、この壮大なパフォーマンスにも彼女は満足できなかった。そこには悪魔のような叫び声をあげるおぞましいギターが必要であり、雷のように轟くドラムとベースが必要だった。

折しもその時、カーサス、ヨリック、ケイルを乗せた火の手の上がるフェリーが、ソナの輪をなして燃え上がる火山岩に座礁したのだ。

デストロイヤーデストロイヤー

自身の直感の求めに相反する結果ではあったが、オラフはモルデカイザーと一緒に山塊の下敷きになって死ぬことはなかった。ヨリックが南に向かったので、オラフは最愛の飲み友達を失っていた。これが自身の最期になると信じてやまなかったパフォーマンスを生き延びてしまった後、ヤケを起こしたオラフはルーンテラでもっとも強い酒を死ぬまで飲もうと決意した。彼はグラガスという名の男と出会い、一緒にゾウンの最下層に辿り着いて、工業排水で作った猛毒のカクテルを飲みながら栄光の日々を自慢しては、ケミテックで強化されたギャングたちにもカクテルを飲むよう挑発してまわった。

物を叩くプロとしての自分の経験を活かせる仕事を探していた彼は、地下ゴーレム闘技場に顔を出すようになった。ケミ動力で動くゴーレムに挑むうちに、オラフは自身のドラマーとしての天賦の才が、機械の巨人を粉々に叩き潰すのにも役立つことに気付いた。彼はより危険な対戦相手を求めて次々と戦いを挑むようになり、挙句の果てに、ビクターがこれまでに創造した中で最も凶暴な作品であるドラゴの金属のハンマーの前に敗北を喫する。ドラゴがとどめを刺そうとしたその時、切り裂くような叫び声が響いて、ゴーレムの移植した脳が入った透明な球体が粉々に砕けた。死の機会を奪われたことに怒りのうめき声をあげて勢いよく立ち上がったオラフには、再びドラムを叩く準備ができていた。彼の前に立っていたのは、そう、かつてのリードシンガーだった。

オラフは再びドラムを叩く。

安らかに朽ち果てよ安らかに朽ち果てよ

崩れ落ちる山に飲み込まれたモルデカイザーは、それを「メタルの神」からの悪魔的啓示として受け止めた——大衆にメタルを広めるという任務を果たし、メタルを全うしたのだと。彼のパワーコードがこの世界の時空自体を切り裂き、宇宙が彼の上に山をスマイトしたのだ。全メタルに君臨する指導者にふさわしい最期といえよう。

しかし、モルデカイザーはいつか自分は生まれ変わり、溶けた山のがれきの中から甦って、メタルの永遠の王になるのだと信じていた。彼はその日を待ち続けたが、長い時が流れる中で、やがて眠りに就いた。彼の上に積み上がった山塊は黒い金属と呪われた岩の塊でできており、周囲に住む者たちはそれを避けた。その天辺の岩からは、光る黒曜石の曲がりくねった斧の柄が突き出ていた。この呪われし地の近隣では、やがてある伝説が語り継がれるようになった——山から斧を引き抜いた者は、メタルの新たな時代を呼び寄せる先駆者たちを再結成させることになる、と。

そしてとうとう山が震えて崩壊した時、ロックの神が姿を現した。斧を岩から引き抜いた者の姿を見ようと立ち上がったモルデカイザーの前に、この世のものではない恐ろしいバルキリーを従えたかつてのバンド仲間たちがいた。カーサスが彼の斧を差し出すと、その剃刀のように輝く弦が期待に震えた。

デスシンガーは言う、「バンドはここに復活した」。
モルデカイザー

モルデカイザーモルデカイザー

“俺のアンプはメーターを振り切るだけじゃない。****してやるんだ”

崩れ落ちる山に飲み込まれたモルデカイザーは、それを「メタルの神」の啓示として受け止めた——悪魔から授かった大衆にメタルを広めるという任務を自らは果たし、メタルを全うしたのだと。いつか自分は生まれ変わると信じていた彼はその日を待ち続けたが、長い時が流れる中で、やがて眠りに就いた。彼の上に積み上がった山は、黒い金属と呪われた岩の塊でできており、その頂上では、曲がりくねった斧の光る黒曜石の柄が岩から突き出ていた。この呪われし地の周りでは、やがてある伝説が語り継がれるようになった——山から斧を引き抜いた者は、メタルの新たな時代の到来を告げる真の先駆者になれる、と。

カーサス

カーサスカーサス

“何であろうとかまわない、お前の命は必ずいただく”

カーサスは元々、ビルジウォーターの葬式で葬送歌を歌って食い扶持を稼ぐソロ歌手だった。その歌を聞いたビルジウォーターの人々は、こんな苦しみを家族には味わわせまいと、己の健康に気を遣うようになったという。彼が有名になったのは、むさ苦しい場末の酒場で行われる、殺された海賊たちの通夜の酒盛りをツアーで回るようになってからだった——気味の悪い葬送歌も、粗末な海小屋で聞けば気分が華やいだのだ。

ヨリック

ヨリックヨリック

“もっとベースを上げろ。もっとだ。もっと*******ベースを上げやがれ。もっと、もっとだ”

何か新しいことに挑戦しようと思い立ったヨリックは、太陽が照りつけるシュリーマの荒野で休暇を過ごすことにした。母親ですら愛せなかったであろう己のおぞましい形相に人々が恐れをなすことを杞憂して、陽光を避けてきた彼にとって、それは新たな体験だった。ヨリックの唯一無二のベースギターはシュリーマの柔らかい岩を砕くのにはうってつけだったが、砂を液状化させてしまう副作用があり、遠くの古墳で発掘作業にあたっていた労働者たちが生き埋めになることも珍しくなかった。もっとも、そういった不運な連中の多くにとって、死は、字通り岩をも退屈させられるようなこの男にこれ以上付き合い続けるよりも、はるかに救いがあったといえた。

ソナ

ソナソナ

“…!”

ソナは観客が空に舞い上がるようなシンフォニックロックオペラを制作し、世界でもっとも有名な寺院(とそれ以外の場所)をツアーで回りたいという欲望に取り憑かれていたが、彼女の宇宙に響き渡るサウンドに耐えられるだけの頑丈な会場はどこにも存在しなかった。彼女は己の哀れな運命を知らぬ「蛇の饗宴」号のクルーと共に火山諸島へと向かうと、音の暴力で島々を彫り始めた。そこで彼女が解き放ったのは、天地創造の音楽だった。そのパワフルすぎるサウンドは、平行世界にまで届き、数多の大陸を海に沈めてしまったという(実際、予定していたアトランティス公演は中止せざるを得なくなった)。

オラフ

オラフオラフ

“新しいチャイナ、タム、スネア、ダブルペダル、あとカウベルをくれ。要は新しいドラムセットがいるんだ。古いのは壊れちまったからな。燃えちまった。そうだ、俺が燃やしたんだ”

これが自身の最期になると信じてやまなかったパフォーマンスを生きて終えてしまった後、オラフはルーンテラでもっとも強い酒を死ぬまで飲もうと決意した。辿り付いたのはゾウンの最下層で、彼はそこで工業排水で作った猛毒のカクテルを飲みながら栄光の日々を自慢しては、ケミテックで強化されたギャングたちにもカクテルを飲むよう挑発してまわった。まもなくして彼は地下ゴーレム闘技場に出場するようになったが、ケミ動力で動く巨体に挑むうちに、彼は自身のドラマーとしての天賦の才が、オートマタを粉々に叩き潰すのにも役立つことに気付いた。

ケイル

ケイルケイル

“お前の血管に流れるのは、畏れを知らぬメタルの神によって注がれた熱い溶岩か?でなければ、お前の話など聞いている暇はない”

黄金の戦女神ケイルは、戦いに明け暮れる世界から、光り輝く蛇竜の背に乗ってルーンテラへとやってきた。信心を捨てた己が妹が率いる悪魔の軍勢との対決に備えるため、彼女は仲間を探している。地球では鉄の如き戦士を見つけられなかったケイルは、メタルの戦士を求めてルーンテラへと渡ってきたのだ。荘厳なシンフォニックメタルオペラで語りかける彼女の奈落よりも深い悲哀を秘めたアリアは、それを聴く者すべての胸を貫く――物理的に。

2017 Grasp of the Undying

Tour Schedule

  • 春分 / ノクサス

    イモータルバスティオン ラウンジ

    オープニングアクト

    Noxtoraa, Quadrakill

  • 冬至 / ストーンヘンジ

    サルセン サークル ピット

    オープニングアクト

    Tufnel’s Folly, Living Rock, Merlin’s Bane

  • レッド スノー デー / フレヨルド

    ハウリングアビス アリーナ

    オープニングアクト

    Ice Witch, Frostguard

  • カルネイア祭 / オリュンポス山

    アクロポリス オブ ゼウス

    オープニングアクト

    Heaven and Hades, Titanomachy, Greek Tragedy

  • 破滅の日 / シャドウアイル

    アルカナの保管庫

    オープニングアクト

    Moonbane, King of Ruin

  • 暗黒の刻 / ビルジウォーター

    ブッチャーズブリッジ スロータードックス

    オープニングアクト

    Death’s Daughter, Rigger-mortis, Dead Pool Down

  • ピルテンバー月 14日 / ゾウン

    最下層ボウル

    オープニングアクト

    Howlin’ Doom, Bad Moon Rising

  • 2017 / ニューウェイストランド

    バンドルシティ コロシアム

    オープニングアクト

    Tiny Feet of Doom

Download

Grasp of the Undying

レコードをいくらで販売すべきかPentakillに聞いてみたものの、彼らが返した答えは悪魔の数字だけでした——そういうわけで、我々はこのウェブサイトから『Grasp of the Undying』を無料でダウンロードできるようにしました。下記のストリーミングオプションもご利用いただけます。

Download MP3

2017/8/5 リリース開始

  • Spotify
  • YouTube
  • iTunes
  • SoundCloud
  • Google Play
Download